前へ
次へ

訪問歯科診療が行われる対象

訪問歯科診療の該当者に関しては、疾患やけがというような状況次第で、歯医者への通院が非常に難しい人となります。そういう理由から、年齢制限があるということではありません。 よそのクリニックを通いで治療してもらっている場合は通院困難と認定されないため、対象とはならないと言えます。1つの例として車椅子移動ができる方も、原則として訪問診療不可となると言えます。 しかしながら緊急治療の為の搬送であるとか、家族のバックアップによる通院にあたっては例外として適用されるケースもあります。 対応するかどうかの最終決定は歯医者の先生がそれぞれ実施します。したがって、自身が対象であるかどうか悩ましい場合は、開始するにあたりチェックをすると良いでしょう。 訪問歯科診療の出掛け先は、病を患っている方がくらしている所に限定されます。 実際のところ患者が普段寝泊まりしている所が適用され、居宅及び施設が対象ということになります。

Page Top